赤ちゃんモデルのオーディションを受けよう|子どもを芸能人にする

MENU

目的別で採用基準は異なる

赤ちゃん

いろいろなものに応募する

自分の赤ちゃんは誰でも可愛いものですが、その可愛さをもっと世間に知ってもらいたいのなら赤ちゃんモデルにしてみるのもいいかもしれません。また、赤ちゃんモデルから子役、俳優というような流れで芸能人になれることもあります。自分の子どもを芸能人にしたいのなら、とにかく様々なオーディションを受けてみるといいでしょう。その第一歩が赤ちゃんモデルです。子役や俳優オーディションに比べると応募する人が少ないため、チャンスがあるかもしれません。ただし、目的によって採用基準は異なります。例えば、おむつのテレビCMで使いたい赤ちゃんモデルのオーディションであれば、少しぽっちゃりしていて愛嬌のある赤ちゃんが好まれます。裸におむつを履いただけというシーンをたくさん撮るため、体にアザがあると採用されません。この点は気をつけましょう。また、テレビドラマや映画においても赤ちゃんが配役されることがあります。このような時には喜怒哀楽がハッキリしている方が好まれます。赤ちゃんに泣いてもらいたいシーンでタイミングよく泣いてくれるような赤ちゃんは重宝されることでしょう。それに、俳優や女優などに抱っこされるため、人見知りの激しい赤ちゃんでは撮影に支障が出てしまいます。このように、目的別で適している赤ちゃんは違ってくるのです。親御さんとしては自身の赤ちゃんがどのタイプに適しているのか見極めることも大切です。とにかく様々な赤ちゃんモデルのオーディションを受けてみましょう。落ちてしまっても別のオーディションや仕事を紹介されることもあるので諦めてはいけません。

Copyright© 2018 赤ちゃんモデルのオーディションを受けよう|子どもを芸能人にする All Rights Reserved.