赤ちゃんモデルのオーディションを受けよう|子どもを芸能人にする

MENU

保護者で決まる合否

レッドカーペット

基本中の基本は挨拶

審査時に細かな部分までチェックされるのが、子役のオーディションです。しかし、チェック対象は、お子さんだけではありません。保護者の方も、審査員はじっくりと観察しています。それが赤ちゃんモデルのオーディションであれば尚更です。赤ちゃんモデルのオーディションに挑む場合には、自分が審査を受けていると保護者の方が意識することを忘れないようにしましょう。どの仕事でも言えるのが、挨拶の大事さ。喋れない赤ちゃんに代わり、保護者が審査員や関係者にしっかりと挨拶しなければ大きなマイナスポイントになってしまいます。特に子役事務所のオーディションでは、挨拶の仕方だけで合否が分かれるほどです。というのも、子役事務所にとって、赤ちゃんモデルを必要とする顧客からの信用に直結するから。挨拶ができない保護者のお子さんと契約しては、顧客からの信用を失う恐れがあります。時間を厳守することはもちろん、はきはきと挨拶したいところです。また、普段からの行動が、オーディション合格に大きく左右します。人見知りをしない赤ちゃんであればあるほど、合格する可能性が高まります。人見知りをしないように、普段の生活の中で人に触れ合える機会を設けることが合格の秘訣。近所の公園で十分ですので、なるべく多くの人と出会える環境を作りましょう。もちろん赤ちゃんですので、オーディション中に泣いたりぐずったりすることはあります。赤ちゃんモデルのオーディション主催者は、そのような事態には慣れています。大事なことは、まずは保護者が緊張しないこと。赤ちゃんに緊張が伝わらないために、保護者自身も人前に出る機会を設けたいものです。

Copyright© 2018 赤ちゃんモデルのオーディションを受けよう|子どもを芸能人にする All Rights Reserved.